黄色い錠剤が溢れている

むくみを治すお薬

人は生きている以上は何かしら体調を壊してしまうことがあります。その中には高血圧というのもありますが、高血圧になってしまうと、さまざまな症状が身体に現れます。例えば動悸です。これは心臓に「狭心症」や「心筋梗塞」といった合併症が起こってしまった状態によるものだとされています。これらが発症することで不整脈が起り、動悸が起ってしまうのです。
こういった症状は朝に起こるということもあります。夜は身体が休んでいきますが、朝は活動を始めるために全身に血液を送ろうとするので、朝は血圧が上がりやすく早朝高血圧となる場合があるのです。これを見逃していると心臓との合併症を引き起こしてしまい、朝に動悸が出るということが起るのです。
他にも頭痛があります。高血圧になったことで血流の量が多く血管が圧迫される状態になりますが、高血圧によって脳に流れる血流が多くなってしまったことにより、脳がむくんで大きくなってしまいます。しかし頭蓋骨の大きさは変わりませんので、脳は頭蓋骨にも圧迫される形となり、頭痛が起きてしまうのです。

このようにむくみによって悪影響はいたるところにみられますが、そもそもむくみとは体内に水分が増えてしまい、それが適度に排出されていないことです。
改善させるためには血液中の水分を出さないといけません。そのためには尿を出すことなのですが、それを助けてくれるのがヒドロクロロチアジド・ジェネリックなのです。

尿の大切さ

残り1錠

身体の老廃物を出すのが尿ですが、それが出なくなってしまうと、当然体内に水分が氾濫します。それが高血圧です。ヒドロクロロチアジド・ジェネリックで尿を出してあげましょう。